バーチャルオフィスの利用

バーチャルオフィスは、オフィスを借りずに仕事の拠点となる住所や電話番号を借りて郵便物や受信した電話を転送するサービスを有した架空のオフィスです。ですから、実際は自宅を事務所にして活動をしていてもいいわけですから、企業イメージをアップさせることのできる方法となります。

バーチャルオフィスの最大のメリットとしては、コストを抑えられることと、自宅を公開する必要がないことです。
電話に関しては、外回りをしている最中でも転送サービスで携帯電話に接続できます。
また、オプションサービスとして、来客対応や会議室での打ち合わせがある場合には、利用したい時だけ部屋を借りることもできますし、秘書役の人材を置くこともできるのです。このオプションサービスを頻繁に利用しなくてならない事業の場合は、コスト高になることが予想されますので、むしろレンタルオフィスの方が有利かもしれません。

バーチャルとは、実体を伴わないという意味からしても、架空の住所では法人としての銀行口座開設や社会保険の加入それに許認可事業や融資などの申請ができない場合もありますから、バーチャルオフィス契約の際に注意が必要です。

バーチャルオフィスの利用に適していると思われる業種は、資格を有している個人事業、システム関連の開発者、事業起業者の方などが挙げられます。
バーチャルオフィスを探される場合は、住所や建物のイメージが自社好みに合っているか、スタッフの対応、会議スペースの質、利用料金とオプションサービスなどを確認し、そのバーチャルオフィスに振り込め詐欺や悪徳ウエブサイト等の契約者がいないかもチェックが必要です。